Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

各パート順に、団員が持ち回りで書いています。
テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2022 年 08 月
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

2022 年 07 月
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -


2022年8月6日

暑さ本番!8月第一土曜日
記事の編集
本日は男声女声に分かれての練習とアンサンブル。
とてもよい勉強になった!
ソプラノとアルトの合同練習では、ハーモニーを感じて自分の歌う音が確認できた。
人数が少ないのでちょっと意気込み過ぎたかな。
アンサンブルで「エットッピリカ! エットッピリカ! 」とかなり必死になって歌っていた。
そうだ!「エ〜ト〜ピリカ♪エ〜ト〜ピリカ♪」と歌うのだった。

「愛がひとつに……」の曲で男声パートが歌うフレーズ「だいじなひとがささやくこえは……」にハッとさせられた。
肩の力がふっと抜ける。
柔らかな歌声にふんわり包まれる感じ。星が瞬いてる感じ。
いいなぁと思った。その直後、マエストロが「男声いいですねぇ」っと言った☆
気持ちにゆとりがあるのかな。
情景が思い描けるといいんだな。必死に音取り頑張ってる場合じゃないと思った。

「愛がひとつに…」は"優しさ"がテーマの昭和のホームドラマを思い浮かべてみようか。
(アルトは微妙に"優しくない"音階があるけど)

「海鳥…」は言葉が難しい。
詩を読み込むことが必要だな。
何度もステージで歌った「島よ」のように情景を思い描けるようになるといい。

次回の練習は第四土曜日。
色々忘れないようにしよう。
そして、詩をじっくり読んでみようと思った。

アルト I.Y



Diary V2.02 [CGIダウンロード]